読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子勉強家 松林千宏 おかしなブログ

3度の飯よりお菓子好き。お菓子でおかしな毎日のあんなことやこんなこと。いつでもコメント、待ってますよー。

【新商品】ヤマザキビスケットのルヴァンってどんな味?

f:id:okashimainichitabetemasu:20160907195928j:plain

ヤマザキビスケット

ルヴァン

チーズサンドクラッカー

45g

106円  税込

251kcal

9/6発売

 

リッツやオレオなどを製造販売していたヤマザキナビスコさんが

9月よりヤマザキビスケットとして始動!

 

満を持して発売するのが、このルヴァンです。

 

ルヴァンとは、発酵種の意味。

パンで使用される発酵種を、クラッカーに初めて用いたという

ヤマザキビスケットさんらしい技術力を感じる名前なんですな。

 

来年11月まではリッツに類似した形のものは作っちゃダメだよという

ルールもあり、今回 四角い形になっているのだそうです。

 

まま、とにかくいただきますよ。

 

f:id:okashimainichitabetemasu:20160908064211j:plain

さっくりと層を感じるようなクラッカーの食感。

発酵種の香りもどことなく香りますね。

 

後からややしっかりしたチーズの味わいや香りが広がります。

パクッとひとくちで食べやすいサイズもいいですね。

 

そりゃ、リッツと180度違うか?と言われれば、そーゆーわけでも

ないのですが  笑  新生ヤマザキビスケット  ルヴァンの名に恥じない

しっかりしたクラッカーの味わいがよかったです。

 

実は今、ビスケットの市場って20%ぐらい伸びているんですよね。

ルヴァンもリッツも お客さまのおいしい!のために がんばってくださいなー。