お菓子勉強家 松林千宏 おかしなブログ

3度の飯よりお菓子好き。お菓子でおかしな毎日のあんなことやこんなこと。いつでもコメント、待ってますよー。

なぬ?ひんやり感じるポテトチップス? 〜カルビー ポテトチップス ひんやり冷やし中華味

いやー、やっと暑くなってきましたね。

やっぱり夏は暑くないと、ね。


というわけで、こんなポテトチップスを発売しちゃいますー。

f:id:okashimainichitabetemasu:20190728102510j:plain

カルビー

ポテトチップス

ひんやり冷やし中華

62g

173円税込み

7/30 ローソン限定発売


これ、食べるとひんやりする!?ポテトチップスなんです。


キラキラなパッケージでひんやり感も表現してみましたー。


いや、まあ、なんでそもそもこんなポテトチップスを作ろうと思ったかと言いますと…


夏は暑い!(今年は近年稀に見る涼しさだったけど)


暑いと、お菓子やポテトチップスなんてあんまり食べたくない!(水分取られるし。苦笑)


それでも7月にポテトチップスを発売しなきゃいけない!(いろんな事情。笑)


そんな中、じゃあ 夏でも食べてみたいポテトチップスってなんだろう???と、毎日考えていたんです。


やっぱり夏はひんやりしたものが食べたいよなぁ。


あ!ならば、ポテトチップスをひんやりさせちゃえばいいんじゃない!?と。笑


というわけで、「ひんやり感じるポテトチップス」というコンセプトが決まりました。


最初は、あの某キャンディでもおなじみのキシリクリスタルのように、キシリトール(=甘味料。吸熱作用がある→口の中の熱を吸い取る→涼しい!)を使おうと進めていたんです。


が、ポテトチップスにキシリトールを使うとなると、相当 量を使わないとひんやり感じない…と。


うーむ。ひんやりはポテトチップスじゃ難しいか!?と行き詰まっていた中、あ!香料が使えるんじゃない?と。


ん?香料?


なんでも、このとある香料を使うと、人間が冷たいと感じるところを刺激するので、温度が下がらずともひんやり感じてしまうという代物なんですな。


ほー、香料ってすごい!


まま、とはいえ、あくまでポテトチップス自体のおいしさを大事にしたかったので、「うわ!冷たい!」ではなく、あくまで「ひんやり」程度に仕上げました。


あの、一時期モスキート音って流行ったじゃないですか。高周波音で聞こえる人には聞こえる、みたいな。そんなイメージです、はい。


周囲のお友だちにも食べていただきましたが、若手のお兄ちゃんやおねーちゃんには「あ、ひんやり!」と感じていただけたようでした。


f:id:okashimainichitabetemasu:20190728212950j:plain

おそらく、食べてみて(あれ?冷たいとか言ってたから買ってみたのに ぜんぜん冷たくないけど?)


とか思って、バリバリ食べてたら…


(あ、なんか余韻がひんやり…)


と、感じて頂けるんじゃないかと。


感じるか?感じないか?はあなた次第!?


あ、ポテトチップス自体はあんまり酸っぱすぎることはなく まろやかに食べられる味わいかと。


ひと夏の体験をポテトチップスで、お試しあれ!