お菓子勉強家 松林千宏 おかしなブログ

3度の飯よりお菓子好き。お菓子でおかしな毎日のあんなことやこんなこと。いつでもコメント、待ってますよー。

幻のポテトチップス! 〜湖池屋 PRIDE POTATO 今金男しゃく 幻の芋とオホーツクの塩

f:id:okashimainichitabetemasu:20171101184955j:plain

湖池屋

PRIDE POTATO

今金男しゃく

幻の芋とオホーツクの塩

73g

330円くらい

150万袋限定

412kcal


この秋、収穫された北海道今金町の今金男しゃくを使用。(いまかね、と読みます)


幻の新じゃがのみを使ったポテトチップスですよ。150万袋限定!


そもそも今金男しゃくとは、じゃがいも生産量の0.3%しか生産できない幻のじゃがいものこと。


デンプンたっぷりで、ホクホク感となめらかさが特徴なんですって。


でも、そもそも男爵いもは、糖とデンプンが

多いので、焦げやすくポテトチップスには向かないよね〜っていうのが業界の常識。


さらに男爵いもの中でも、今金男しゃくはデンプンが多いから、さらに焦げやすい…


そこをなんとか、湖池屋さんの50年以上培ってきた技術やノウハウで実現したのがこのポテトチップスなんですな!


では、心していただきますよ。

f:id:okashimainichitabetemasu:20171101191606j:plain

まず、形が美しい!


比較的、中くらいのサイズのまん丸い形が多いんじゃないかしら。


だってね、おいしい天ぷらを揚げるには「材料は同じ厚みや大きさになるようにカットしましょう」って言うでしょう?


同じにすることで、火の通り方も均一でムラができにくくなる→どれもおいしい!ってなるのよね。


ある意味、チップ⚫︎ター?

さすがですな!


パリッとしっかりしながら、軽やかな食感。


おいもの甘み、うまみ、塩やパウダーのうまみ。噛むほどにじんわり広がります。


なんだか作り手の想いが伝わってきますな。


大事に食べていただきたい、そんなポテトチップスでしたよ。